飛ばない豚

雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記々々々々々

Netflix「バイオハザード」

www.youtube.com Netflixがバイオハザードをリブート?していたので観ました。 全8話で400分くらいあるから、見ごたえはある。 たぶん続編も作る気満々で全体的な話の導入編みたいな感じっぽい。 バイオの実写映画が好きなら楽しめると思います。 とりあえず…

「やめられなくなる、小さな習慣」佐々木正悟

習慣が身につかない。いい歳して毎日ちょっとでいいからプログラミングコードを書こうとか、もっと英語をちゃんと読めるようにしようとか、色々挑戦してきたが成果がでるほど続いたためしがない。気づけば習慣と言うようなものは一切身につかず人生終わりか…

映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

ダニエル・クレイグになってから007シリーズは全然観てなかったのだが、プライムビデオに入っていたので何気に観ました。 ダニエル・クレイグはショーン・コネリー以来、最高のボンドだと言う噂はちらちら聞いていましたが、たしかにめっちゃかっこよかった…

「などらきの首」澤村伊智

※ネタバレあり 比嘉姉妹シリーズの第3弾。 短編集で表題の「などらきの首」を含む、6編となっている。 「ゴカイノゴカイ」 「ぼぎわんが、来る」で比嘉真琴が住んでいる物件は、安値で借りている。 なぜ安値で借りているのかがわかる話。 「学校は死の匂い…

映画「さんかく窓の外側は夜」

※ネタバレ注意 Amazonプライムビデオに入っていたし岡田君好きなので観ました。 幼いころから霊が見える康介は、それが原因でいじめられたりして人間関係がうまく構築出来ないでいた。 ある日、書店でのバイト中に霊媒師の冷川にその能力を見出されて助手に…

「ぜんしゅの跫」澤村伊智

※ネタバレ注意 引き続き読んでしまった。 短編集で比嘉姉妹シリーズ5弾目らしい。 ほんとは3弾目が「などらぎの首」だったらしいが、飛ばしてしまった様だ。 5つの話が収録されている。 最初の「鏡」と言う話は「ぼぎわんが、来る」の前日譚で、ぼぎわんでも…

「ししりばの家」澤村伊智

※ネタバレあり 「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」が面白かったので勢いでさらに「ししりばの家」も読みました。 専業主婦の果歩は偶然、幼馴染の平岩と出会う。 平岩の家に招かれる。 家を訪れるとその家は砂だらけだった。 しかし平岩はまったく気にし…

「ずうのめ人形」澤村伊智

※ネタバレあり 「ぼぎわんが、来る」が面白かったので、そのまま次作も勢いで読みました。 オカルト雑誌の編集部でアルバイトしている藤間は担当しているライター湯水と連絡が取れなくなる。 編集部のもう一人のアルバイト岩間君と湯水の家を訪ねるが、そこ…

「ぼぎわんが、来る」澤村伊智

※ネタバレ注意 だいぶ前に買ってたんだけど突然思い出して読みました。 実写化映画はすでに見ている。 会社員の田原秀樹には幼少期に奇妙な体験をしていた。 祖父の家にいたときに怪異にであっていた。 そして大人になり、妻の香奈の臨月の頃に会社の同僚が…

「三十の反撃」ソン・ウンピョン

めちゃくちゃ久々に小説読んだ。 なんとなく表紙に惹かれて手に取って帯をみたところ、面白そうだったので買ってみた。 2020年本屋大賞翻訳小説部門第1位の人の作品らしいし。 主人公はキム・ジヘ。韓国ではありがちな名前らしい。 就職に失敗してインターン…

映画「こどもつかい」

何かとちらちらアマゾンプライムビデオで出てくるのでつい観てしまった。 面白い!ってわけじゃないけどタッキー(滝沢秀明さん)が出てる映画では最後だから、タッキーファンなら見ると良いかと。 あらすじは 虐待されている子供の親が連続で不審死すると言う…

「パパは脳研究者」池谷裕二

別件で図書館に行った際に返却されたばかりの本の棚に置いてあって、池谷さんの本は大概、面白いので借りてきました。 他の著書もそうですが、とにかくわかりやすく脳科学のお話が書かれています。 子育てに関する本だけあって脳科学的にどう子育てすると良…

映画「クロール -凶暴領域-」

突然、ワニが出てくる映画が見たくなってAmazonプライムビデオで検索して観ました。 評価が高めだったから気になったのだけど、高いだけあって結構面白かった。 ざっくりあらすじ。 大学の競泳選手のヘイリー・ケラーは水泳大会で思うような結果が出せなかっ…

映画「キャラクター」

コロナ禍の中でなにやってんだって話はあるが、8月の頭に映画館へ観に行って来ました。 終わり際って事もあるが、席の埋まり具合は2割くらい。 眼鏡をかけても0.3くらいしか視力が出てないので前の方へ座ったため、自分が座った列は他に人もいなくて、まぁ安…

映画「機動戦士 閃光のハサウェイ」

gundam-hathaway.net ※ネタバレありなのでまだ観てない人は劇場へ そう言えば、先週の日曜日にコロナ禍の中で申し訳ないが、閃光のハサウェイを劇場に観に行って来ました。 初めて4Dで観たのですが、すごかったです。 席揺れまくり、煙に風になんかの匂い。 …

映画「ザ・ファブル」

現在、劇場で続編の 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイト|大ヒット上映中! が公開中で、大ヒットは誇張にしても私の周辺ではおおむね好評を得ていると聞いて、そういえば最近、Amazon Prime Videoで観たのを思い出した。 原作は週刊ヤングマガ…

書くのが苦手

「読みたいことを、書けばいい。」を読んでおきながら、非常に自分語りをしてしまう事になる。 書くのが苦手だ。 じゃあ何が得意なのだと言われると胸を張って、これなら人並以上に出来る事など何もないのだが、ブログと言う媒体であるので、書く事について…

映画「シライサン」

※ネタバレあります とりあえず公開時からB級感まるだしだったので、映画館で観るのはスルーしてたんですけどAmazonPrimeVideoに追加されていたので、観てみました。 主演が飯豊まりえさんと稲葉友さんと言う特撮好きには、なかなか良いチョイス。(キョウリュ…

「嫌われる勇気」岸見一郎、古賀史健

いい歳してどうかと思うとか言われそうだが、通勤中にまとめサイトを見ていたら「嫌われる勇気」を読んで、職場の飲み会断りまくったら意地悪された的な記事があった。 そう言えば前々から嫌われる勇気を読もう読もうと思っていたので、Audibleでコインが余…

「タバタ式トレーニング」田畑泉

最近?流行りのtabata protocolの本を読んだ。 今更感満載であるが本当に体重がやばい。 完全に健康に悪影響を与えていて、子供が成人するまで生きられるか定かじゃないと宣告されるレベルにまで来てしまった。 しかし、ジョギングするような時間は許されな…

「読みたいことを、書けばいい。」田中泰延

田中泰延さんの期待に反して、ブックオフで220円で手に入れてしまった。 ちょっと前にそれなりに評判になっていたと思っているのだが、どうせイケイケの人がうっすい事を書いてるんだろうなぁとか、そもそも文才のある人がわけわからん理論を語っているだけ…

「13歳からの読解力」山口謡司

書く力がないから感想文の本を読んだのに引き続いて、読む力もないから読解力の本を読んでみました。 13歳からを謳うだけあって、読みやすい本だと思います。 でも、大人向けの読解力の本を優しく書いてある感じで、すぐに実践していけるのかと言われるとど…

「だれでも書ける最高の読書感想文」齋藤孝

※2021/05/30 「読みたいことを 、書けばいい。」を受けて書き直しています。 なんだかんだとブログを始めて3年以上経ちます、当初はブログアフェリが流行っていて(今こそ流行ってんのか?)はじめは少しでも稼げたらくらいな気持ちでした。 しかし早々に自分…

映画「アイアムアヒーロー」

※ネタバレあり せっかくのGWでしたが、床に臥せっていたので暇つぶしに観ました。 原作は読んだ事がないので、原作と比較してどうかはわかりませんが 映画としては楽しめました。 概要 ゾンビ映画です。 ただロードムービー的な雰囲気もあり、青春映画的な雰…

映画「謎解きはディナーのあとで」

せっかくのGWだったけど一昨日くらいから体調を崩してしまい、ほぼ横になって過ごしていました。 暇だったのでAmazon Prime Videoに追加されていたので観てみた。 ちゃんと最後まで観たけど、果たして有意義だったかと言われると。 うーん。 原作は本屋大賞…

映画「孤狼の血」

※ネタバレあり 最近、松坂桃李が気になっています。 イケメンなのに遊戯王ガチだし、普段使ってるバッグはビニール袋(最近はどうなのだろう)。アンチがいるって話もほぼ聞かないし、戸田恵梨香と結婚してもファンから「裏切られたー!」とか「ぶっ〇すぞ!」…

映画「一度死んでみた」

えっと安藤ニコさんがとにかく可愛いのと、小澤征悦さんが良かった。 とにかく出てる面々が豪華。 ちょっとしたところに配置するのもったいない人がめちゃめちゃいっぱい。 すごいお金かけたのか。 なんか話題になるかもでやすく出たのか、誰かすごいコネク…

「思考の教室」戸田山和久

思考の教室を読んだ。 とっても良かったです。 著者は戸田山和久さん。 哲学者なので抽象的で小難しい話になるかと思いきや、かなりわかりやすく書かれていました。 この手の本は、私ごときが読んだところで抽象的な話で全然実生活に落とし込むことができな…

「アベンジャーズ エンドゲーム」思いのほか泣ける映画だった。

まさにマーベル・シネマティック・ユニバース(以降MCUとする)の集大成。 正直、MCU長すぎて全然劇場に観に行く気になれなくてずっと見てなかったんだけど気分的に落ち込む事があって、何をとち狂ったのか見てなかった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:…

「世界のエリートがやっている最高の休息法」久賀谷亮

Audibleで3ヶ月月額750円のキャンペーンをやっていて、気になっていたので3ヶ月やっていた時に買った本。 マインドフルネスの本は何冊か読んでいます。 この本は良かったと思います。 ここ数ヶ月寝不足で頭がすっきりしなくて、通勤中の読書に身が入らないの…