飛ばない豚

雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記々々々々々

映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(吹替版)

ダニエル・クレイグになってから007シリーズは全然観てなかったのだが、プライムビデオに入っていたので何気に観ました。

 

ダニエル・クレイグはショーン・コネリー以来、最高のボンドだと言う噂はちらちら聞いていましたが、たしかにめっちゃかっこよかったです。ボンドらしい色気があってタフな男って感じでした。

 

今回、ボンドはすでにMI6を引退していて新しい007が出てくるのですが、黒人女性(ラシャーナ・リンチ)で最初はどうなる事かと思ったけど、007らしくこちらも色気もあってタフでなかなか良かったです。

ただ劇中でポリコレ的な演出があって、特に黒人女性の007に違和感を感じなかったのにわざわざそんな演出を入れるは邪魔だなぁと思いました。気にしてるから是正しようとするのであって、気になってなければそんな演出を入れる必要もなかったのに。日本は遅れているって言うけど、海外も別にそんな進んでないんだろうなと感じてしまった。

 

ダニエル・クレイグがボンドを演じるのはこれで最後らしいですが、ネタバレになりますがあのボンドが家族を持つっていう最後はよかったと思います。

 

次はだれがボンドを演じるのか楽しみ。