飛ばない豚

主に読書について書いています。

ホラー映画「死霊館 エンフィールド事件」このシリーズは本当にハズレ無し

スポンサーリンク

死霊館 エンフィールド事件(字幕版)

※ネタバレあります。

スピンアウトの「死霊館のシスター」が公開間近だからTV初登場でやっていたので観ました。

死霊館シリーズは本当にハズレ無しなので、期待してたけど期待通りだった。

 

 

あらすじ

イギリスのエンフィールドに住むシングルマザーと4人の子供。

ある日、娘のジャネットが手作りのウィジャボードで姉のマーガレットと降霊を行うがウィジャボードは反応しない。

しかし、次の日から一家はポルターガイストや様々な霊現象に巻き込まれる。

 

専門家に相談して解決を試みるが現象はエスカレートするばかりで一向に解決しそうにない。

 

そこで、夫のエドはカトリック協会が唯一認定した非聖職者の悪魔研究科で妻のロレインは透視や予知などの能力を持っている、心霊研究家のウォーレン夫妻に相談を持ちかける。

 

ウォーレン夫妻は数々の心霊事件を解決に導いてきた。

同時に心霊現象に対する警告をメディアを通じて行ってきたが、世間ではエンターテイメントとして扱われ、肩を落とす。

また、ロレインが不吉な幻視を見たためしばらく仕事を休む事にしていたが。

 

何かを感じ一家を救うためにエンフィールドに向かう。

 

監督は鬼才ジェームズ・ワン

代表作は「ソウ」に「インシディアス」そしてなぜか「ワイルド・スピード SKY MISSION」。

 

2013年に一度、ホラー映画から引退宣言してるけど2014年に撤回してちょっとお騒がせ。

ホラーやりつつ幅を広げればいいじゃんと思ってた矢先に「ワイルド・スピード SKY MISSION」がシリーズNo.1ヒット。

死霊館やりつつ次はDCコミックのヒーロー「アクアマン」の監督をするみたいです。

 

ジェームズ・ワン監督はとにかく演出がうまいです。

日本的なじわじわっとくる恐怖演出だったり、ハリウッド的なびっくりどっきり演出だったりがバランスよく配置されています。

 

インシディアスの霊たちがいる世界の演出なんて本当いままので海外ホラーとは全く違う静かでかつ怖い雰囲気ですごく良かった。

 

更になんだかんだ一度起用された人を別作品でも再度起用したりしているところもいい。

 

死霊館の最新作「死霊館のシスター」も主演は、死霊館シリーズ主演のヴェラ・ファーミガの妹、タイッサ・ファーミガ。

タイッサ・ファミーガは出世作が「アメリカン・ホラーストーリー」と言うホラードラマだからちょうど良いですね。

 

なんか人情味を感じる採用。

 

主演はヴェラ・ファーミガとパトリック・ウィルソン

心霊研究家夫妻で透視能力がある、妻ロレイン・ウォーレン役はヴェラ・ファーミガ。

 

ヴェラ・ファーミガは「ディパーテッド」とかみんな大好きデンゼル・ワシントン主演製作の「デンジャラス・ラン」とか。

 

幅広い演技が出来る女優さんです。

 

立ち振舞がすごくチャーミングで素敵です。

 

夫のエド・ウォーレン役はパトリック・ウィルソン。

「オペラ座の怪人」とか「ウィッチメン」とか。

 

そしてジェームズ・ワン監督の「インシディアス」の主演でもある。

「アクアマン」でもアクアマンの弟役。

ジェームズ・ワンに気に入られまくりだね。

 

「インシディアス」のときの優しいけどちょっと頼りないお父さん(いざとなったら強いけど)と「死霊館」の百戦錬磨の心霊研究家と演じ分けが素晴らしいです。

 

とりあえずトイレに行く勇気がいるくらいは怖い

とりあえずポルターガイストの原因の霊はメディアに出演しちゃったり、その割に恥ずかしがって出て来ないときがあったり、へそ曲がり男とか言うモンスターは怖いのにどこか憎めなかったり。

 

引くほど怖いって事はないけど、今回のって言うか色々な心霊事件の黒幕、悪魔ヴァラクが出てくるシーンとか、子供の頃、怖かったときに取っていた防御策が全く意味がなかったりとか。

 

あとで思い出したりしてじわっと怖くなって、夜中ひとりでトイレに行くのに勇気を振り絞る必要があるくらいは怖いです。

 

「インシディアス」もうわ、やべーこえー!とかならなくても後々じわじわ怖いとかあったし、死霊館シリーズも後々、女の子用人形まじやべー!くらいは思わされたりするので、今回も期待通り怖かったです。

 

やっぱ売れてるだけあってB級系とは力の差を感じました。

 

ちゃんと怖がりたい人におすすめです。

 

死霊館 エンフィールド事件 [Blu-ray]

死霊館 エンフィールド事件 [Blu-ray]

 

 

うわさのB級系です。

 

www.tadano-buta.com

スポンサーリンク