飛ばない豚

主に映画の感想を書いています

ホラー?映画「スイス・アーミー・マン」意味がと言うか意図がわからない

スイス・アーミー・マン(字幕版)

イントロからして変な話だと思ったが、それを超える変な話だった。

なんでこんなん思いついたんだろうなぁ。

※ネタバレあります。

 

 

登場人物

  • ハンク・・・社会生活に馴染めず自殺しようとしていた男。:ポール・ダノ
  • メニー・・・浜辺に流れ着いた死体。ハンクを色々と助けることになる。:ダニエル・ラドクリフ

あらすじ

無人島に流れ着いたハンクは何も打開できない状況に絶望して、自殺をしようとしていた。

しかし視界に1体の死体が写り、一旦、自殺をやめる。

なぜか死体から異常な量のガスが発生していて、ドタバタしているうちにお尻から出るガスを動力に死体に乗ってジェットスキーのように海の上を駆け、陸地にたどり着く。

そしてスイス・アーミー・ナイフのように便利な死体メニーと共に町を目指すことになる。

なんか他の人の感想読むとすごい良い映画っぽい

あまりにもぶっ飛んでいる映画なので他の人の感想とか見て回ったんですけど、みんな生きるって事を学んだとか、人生について考えたとか。

すごい読解力だなぁ。

私なんてとにかくハンクの行動が無茶苦茶過ぎて終始そっちにしか気が向かなかったです。

ハンクとにかくやべぇ

途中で死体なのにメニーはしゃべりだすし心臓が動いたり。

そうは言ってもまぁゾンビものと思えばありがち。

確かに変に便利だったりとかもあるけど、まぁ許容範囲かなぁ。

 

それよりハンク。

遭難してるとありがちな水不足になっちゃうんだけど、メニーの口から突然、水が出てくる。

それをハンクは若干の躊躇で飲んじゃう!

途中からメニー対して完全に愛情を抱いちゃうし。

LGBT流行りなのか、二人でキスまでしちゃう。

メニーと生活を楽しむための努力も尋常じゃない。

 

終盤で町にたどり着いた時に、ずっと片思いしていた(まぁ半分ストーカー)人妻サラの家の庭にたどり着いて、サラに救急車を呼んでもらう。

その時にちょっと会話するんだけど、もう自分の異常な状況とか全く忘れて、ただただ憧れのサラと話せる事だけに喜んでる。

 

個人尊重の世の中とは言え、これだけ感覚がぶっ飛んでたらそりゃ社会生活なんてちゃんと送れないかと。

 

たまにいる普段おとなしいのにいきなり思い切った行動をとるタイプ。

しかも大概がやることズレてる。

でも本人は他と差別化できた事に満足してる。周りからしたら迷惑なのに。

 

なんで他の人は気にしてないんだろうか。。。。

 

違うのか、撮ってる人はちゃんとそこわかってるから、ハンクの異常性が目に付くのかな。

最後も良く分らない

終盤、メニーが死体なので警察に回収されそうになって、ハンクがメニーを連れて逃げるんだけど、結構な時間かけてハンクとメニーが歩いてきた道が実はスゲー短い。

子供抱っこして追いかけても全然くらいだから相当短いんじゃないかと。

 

最後にメニーはまたお尻からガスをだして海に出て行ってしまうんだけど、なんかすがすがしい感じを出しているけど、なんか解決しているんだろうか。

ハンク自身はサラに対するストーカーの疑い(だと思う)で捕まっちゃってるし、なんかこれでこれから大丈夫みたいな成長をハンクがしてるようには見えないし。

 

なんなんだろうか。

 

ハンクが死んだと勘違いしていたお父さんが、実はハンクが生きてて良かったってなってるのに、ハンクのわけわからない行動でやっぱダメだこいつってなってるのが悲しいとか、メニーの万能っぷりが面白いとかちょいちょいあるんだけど、どうしても違和感が先立ってしまいます。

 

難しい映画だったなぁ。。。

まぁ世間的評価はおおむね良いので見る人が見ればよい作品なのかと。

キャストが豪華!

なんかすぐキャスト豪華って話しちゃいますけど、主役のハンクは若き名優ポール・ダノ。

死体のメニー役はハリーポッター役で一時期世界一有名だったであろうダニエル・ラドクリフ。

ハンクとメニーが惚れる人妻役にダイハードでジョン・マクレーンの娘役、メアリー・エリザベス・ウィンステッド。

ラドクリフ君はよく死体役なんてうけたなと思ったけど、前にインタビューかなんかでハリーのイメージを払拭したいって言ってたから、こう言うの喜んでそう。

あとメアリー・エリザベス・ウィンステッドが大好きなのでもっと出番を作って欲しかった。

メアリーが出演でおススメは断然「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」。

とってもチャーミングです。


映画「スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団」プレビュー映像