飛ばない豚

主に読書について書いています。

フラッシュバックするつらい記憶を書き換える

スポンサーリンク

f:id:osarugageorge:20180715214350j:plain

フラッシュバックしてしまうつらい思い出

私にはフラッシュバックしてしまうつらい思い出があります。

少しも思い出したくありません。 でも、ふとフラッシュバックして思い出してしまいます。

何年も経って少しづつ思い出す頻度は減りましたが、未だに私を苦しめます。

人は記憶する事はコントロールできますが、忘れる事はコントロール出来ないんですね。

記憶術の本を読んで思いついた

今日たまたま記憶術について書かれているブログを見て記憶術の本で読んだ事を思い出しました。

記憶術に場所法と呼ばれるやり方があります。

自分の部屋とか通学通勤経路とかで鮮明に覚えている場所にフックと呼ばれるキッカケを紐づけて、物事を記憶する方法です。

この方法はローマ時代からある記憶術だそうです。

シャーロック・ホームズで有名な記憶の宮殿などもこの方法の1種ですね。

場所法について

例えば、買い物に行くときに「トイレットペーパー、ジュース、ノート」を覚えようとしたら、

玄関にトイレットペーパーが散らかっていて、出ると今度はジュースがこぼれている、それを母親がノートで吸い取ろうとしてる。

と言う風に自分の知っている場所と関連付けて覚えます。

イメージは突拍子も無いものの方が良いです。

勉強や仕事で使うならかなりトレーニングしないといけませんが、買い物リストとか10個くらいの物ならトレーニングしないでも大丈夫です。

この記憶術は狩猟の場所や危険な場所など生きる上で場所と言うのは重要で覚えやすいのを利用した記憶術です。

で、この記憶術は1つの場所に1つの事柄しか結び付けられません。

新たに覚えようと思ったら、場所を増やすか前のを忘れる代わりに同じ場所に上書きするしかありません。


f:id:osarugageorge:20180715214756j:plain

フラッシュバックする記憶を上書きして忘れる

そこで思いつきました!

フラッシュバックするようなつらい記憶を一旦、場所法でどこかの場所に紐づけます。

記憶が定着したら、その場所に別の事柄を紐づけます。

そうすると新たな記憶の方が思い出されるので、つらい記憶を忘れられるんじゃないかと!

ただ多分、紐づけを失敗するとつらい記憶がその場所に紐づいたままになってしまいます。

その場所を通るたびに思い出す事になるのでリスクは結構、大きいですね。

だた成功したら記憶術を忘れる事に利用できるって事で画期的なんではないかとひそかに期待してたりもするんですけどね。

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく

記憶術に関してはこんな記事も書いています

www.tadano-buta.com

スポンサーリンク