飛ばない豚

雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記々々々々々

映画「黒い春」

Amazon Prime Videoのサムネイル画像が高嶋政伸でなんとなく「感染」と言うホラー映画を彷彿とさせる感じだったので観てみました。

 

あらすじは、ある年の春に黒い粉を吹きだして人が死ぬと言う事件が起きて、監察医である飯守(高嶋政伸)が解剖する。死体の内臓は真っ黒になっているので、組織を検査機関に送ると、未知の真菌である事が判明する。

その後、死因が同様の事件が相次ぎ飯守は検査を頼んだ衛生局の岩倉、たまたま事件に関わり興味を持った、感染症センターの三和島と共に黒手病と名付けられたこの感染症の原因の究明及び治療法の確立に向けて奮闘することとなる。

 

冒頭でホラーっぽいと言ったようにホラー映画である事を期待して観たのだけれど、真面目なヒューマンドラマでした。

 

真菌とは微生物の中で真核細胞を持っていて動物的でないものみたいです。

水虫とか真菌なんですね。

今まで細菌と同じかと思っていたけどだいぶ違いました。

お恥ずかしい。

真菌症はなかなか厄介で、病気の原因が細菌だと原核生物なので、人間とは作りが違うため人間にはあまり影響を与えず細菌のみ効く薬(いわゆる抗生物質)が使えますが、真菌は人間と同じ真核生物なので、真菌に効く薬は人間にも多大に影響を与えやすいため、なかなか特効薬が作れないみたいです。

 

作中では原因究明がほとんどで薬剤開発はあまり触れられないですけど。

 

ここからネタバレですが、

作中の真菌はもともと「ニオイウキグサ」と言う植物に感染してサビ病を起こす原因となるものでした。

冬になるとニオイウキグサは枯れるので真菌は生き残るため胞子を飛ばして中間宿主にに寄生しようとします。

その中間宿主が人間で胞子を吸い込むと感染すると言う仕組みです。

実は遣隋使として小野妹子が隋に行った際、帰りに連れてきた隋からの使者に黒手病のものが紛れていたが、当時は日本にはニオイウキグサが無いから感染が広がらなかったとか、真菌が5月ごろになるとニオイウキグサの繁殖の時期なのでニオイウキグサに戻ろうと人間の身体から出ようとするため、病気が発症するとか、なかなか面白い話でした。

ただ、話の中心は感染症どうこうよりその原因究明の過程で起こる、さまざまな人間模様なのでそう言う視点だとそれ程、面白くなかったかも。

まぁちょいちょい心が揺らされる場面もありますが、映画と言う短い尺の中で描くには足りなかったかな。

原作だともっと詳細に作り込まれているんだろうか。

 

まぁまぁ楽しめたと思いますがお勧めかと言われると、「お暇なーら見てよね」くらいだと思います。

黒い春

黒い春

  • メディア: Prime Video