飛ばない豚

主に読書について書いています。

日本の経営者は社会の勉強からやり直した方がいいよ

スポンサーリンク

会社のグチです。

 

ダメ会社に勤めてます。でも良いの。

私が勤めている会社は某大手企業に現在は全従業員が請け負いとして出向しているんです。

 

まぁ社長がやる気ゼロで早く会社を誰かに売りたいらしいので、しょうがない。

給料も安いけど社長やる気ないし。

 

勤めてる理由もほとんど定時で上がれるのと、通勤が1時間切るってところだけだからそれはいい。

 

効率化ってなに?

で、行ってる先の某大手さんは毎回のように契約更新になると効率化案を出してって言われる。

 

でも、出して効率化すると人いらないよねじゃあ作業費用減らすねって言われる。

 

だからもちろん改善策なんて出さない。

もっと自動化して効率化出来るところあるけどそんな事はしない。

 

請負である以上、成果出したらお金たくさんだすし、出なかったら減らすって言うのが本来だけど、成果だすとなぜか減るから成果出さない。

 

じゃあ自社以外のところで出せばって思うかも知れないけど、1回他の会社さんの作業を自動化したら、他の会社さんが切られて恨まれたからもうしない。

 

つか非効率化したら作業費増やしてくれるから、前の会社でやってた効率化なんて一切やらないです。

出力40%OFFだよ。

 

そもそも効率化して人減らしたら経費さがるから利益増えるけど、ゼロにはならないから限界あるのに。

 

でも、大手さんの上の人と飲みに行って話したらいつか完全自動化して人件費ゼロになるって思ってるみたいだった。

 

1万人削減と言う名のリストラのはずだったのに


さらに最近、リストラしようってなって早期退職者を募集してた。

 

もちろん早期退職募集して応募してくる人なんて退職金積み増ししてもらって早く退職した方が得!ってなってる定年間近な人か、すぐ転職できる優秀な人しかいない。

 

結果、優秀な人が大量に先月くらいから離脱している。

 

そのせいですでに回らない部署が出てきたから、お取りつぶしになった。

もちろんその部署も遊んでたわけじゃないから玉突きで仕事がおかしくなってる。

 

ってマジか!頭おかしいのか!

海外の会社と一緒にそこそこ仕事してきたけど、つぶれる寸前の会社以外は調査して使えない人からリストラする。

だから人が減っても仕事はまわるし、経費も下がってラッキーってなる。

 

がなぜか日本の会社ってほとんど早期退職募って結果優秀な人からやめて行って、その内、つぶれるか気づいて立て直すけどすごい時間かかったり。

 

人=会社の体力なのは間違いないのに。

 

日本の経営者はマジで基地しかいないのかなぁ。

 

経費とか減らすのは限界あるから体力あるうちに収入増やすとか考えないのかなぁ。

 

安かろう悪かろう

あと、定期的に単価下げてって言われるから下げた結果、ちゃんとした技術者を呼べないので新人さんみたいな人に来てもらってるけど、おかげで残業増えて請求増えてます。

 

既に下げた単金以上にお金かかってますよ。

 

資本主義だから基本的には高い単金出したら優秀な技術者が、安い単金なら使えないのが来るようになってる。

優秀な人は使えない人のだいたい何倍もこなすから単金上げて優秀な人連れてきた方が経費安く済むのに頭悪いね。

 

ちなみに今来てる新人さんに作業任せたら私なら3時間で終わる作業が2週間経っても終わらないよ。

よくそんなんにお金払うよね。

 

資本主義だから基本出したお金に対応した分だけ見返りがあるのに、そこをどんどん下げて質が悪くなって質が悪いから更に下げようとする。

その結果更に質が悪くなる。

 

社会で資本主義の仕組みを習った時点でわかるような事がわからない経営者って大丈夫か!?

 

って事で某1万人削減中の某会社さんはこれからもっと状況が悪くなります。

 

池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)

池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)

 
高校生のための経済学入門 (ちくま新書)

高校生のための経済学入門 (ちくま新書)

 

スポンサーリンク