飛ばない豚

主に読書について書いています。

シーズン2も決まった、アイアンフィスト、主人公がなってなさ過ぎてそりゃ酷評されるよ。

スポンサーリンク

マーベル/アイアン・フィスト シーズン1 Part1 [DVD]

※ネタバレありです。

 

netflixのマーベルシリーズのドラマ「アイアンフィスト」のシーズン1を観ました。

シーズン2も製作も決まってるらしい。

シーズン2にゴーを出した判断にはいろんな意味で敬意を表します。

ちなみに向こうの批評家から酷評されてるとは聞いてたけど、無理もないって感じでした。

 

Netflix独占のマーベルドラマ「アイアンフィスト」とは

マーベルコミックのヒーローの一人です。

 

ドラマのあらすじ

ダニー・ランド(アイアンフィスト)は子供の頃に家族で自家用ジェットに乗っている時にヒマラヤ上空で事故にあって、両親を亡くした。

 

奇跡的に助かったダニーはクンルンと呼ばれる、普段は別の次元にある僧院の僧に助けられる。

 

それから15年の月日が流れて、ニューヨークに戻ってきたダニーは父の会社(巨大企業)に父と共同経営者だった叔父に会いに行くが、既に叔父は無くなり子供の頃に兄弟の様に育った叔父の子供達(ウォードとジョイ)に会うが、二人はダニーを排除しようとする。

 

色々あって父親が持っていた会社の経営権を取り戻すが、会社は「ヤミノテ」と呼ばれる組織によってNYの麻薬密売に利用されていた。

 

実は生きていた叔父さん(ハロルド)や恋人となるコリーンそして闇の手との闘いなどいろいろな事を経て、両親の死の真相を知る事となる。

 

登場人物

ダニー・ランド=アイアンフィスト:クンルン最強の守り人「アイアンフィスト」の称号を持つ男。

 

ランド社の社長子息であったが飛行機墜落事故で両親を失ってしまう。

クンルンの助けを受け本人は生き残りクンルンを守る最強の戦士「アイアンフィスト」となる。

 

15年経ち、クンルンの反対を押し切り故郷のNYに舞い戻るが、会社は父の共同経営者であった叔父の子供、ミーチャム兄弟のものとなっていた。

最大の株主はダニーだったため、幼馴染であるミーチャム兄弟から排除されそうになる。

 

その中で「ヤミノテ」と呼ばれる組織との闘いに巻き込まれていく。

 

コリーン・ウィング:元ヤミノテの一員であった女戦士。

 

NYに来たダニーをひょんなことから助ける事となり、以後、ダニーの協力者になる。

のちに恋人に。

 

チカラ道場と言う道場で子供たちに武道を教えていた。

しかし、実はチカラ道場は「ヤミノテ」の構成員の育成道場であった。

 

のちに「ヤミノテ」の本性を知り組織を裏切る事に。

 

クレア・テンプル:コリーンの友人の看護師。

 

デアデビル、ルークケイジ、ジェシカジョーンズと後のディフェンダーズのメンバーすべてに絡んでます。

 

ハロルド・ミーチャム:ランド社を裏で支配する男。

ダニーの父と共のランド社を起業。

劇中の当初では死んだことになっていたが、実はヤミノテと裏で取引をして生きながらえていた。

 

現在はヤミノテに支配されて、裏でランド社を牛耳っている。

 

ヤミノテの支配から逃れるためにダニーを利用する。

 

ウォード・ミーチャム:ダニーと幼馴染のミーチャム兄弟の兄。

自身の自尊心と家族への愛情を利用されて、父ハロルドに良いように使われている。

 

精神の安定をなくしてしまうが、それは自身の良心と罪の意識に挟まれて。

なんだかんだ弱くて良い人。一番、普通の人っぽい。

 

ジョイ・ミーチャム:ダニーと幼馴染のミーチャム兄弟の妹。

はじめはダニーを助けようとしたり良い人っぽかった。

 

しかし、猜疑心にとらわれダニーと敵対する事になる。

クソ女。

 

デヴォス:クンルンから来たダニーの友人。

ダニーをクンルンに連れ戻すために来た。

 

しかし実は「アイアンフィスト」の称号を得たダニーを妬んでいる。

ヤミノテに心の弱さを突かれダニーと敵対する。

クソ男。

 

マダム・ガオ:ヤミノテの幹部と思われる老婆。

ダニーと対等に戦えるくらい強い。

 

心の弱いところを突いてハロルドやデヴォスなどを利用する。

 

本作の宿敵だが、なんか憎めない。

かわいいおばあちゃん。

 

「ヤミノテ」といい突っ込みどころ満載

ダニーは帰ってきていきなり大企業の経営者に返り咲いちゃうし。

 

ヤミノテは麻薬密売組織なだけ。

規模も小さいっぽい。

なにせ、世間の人は知らないレベルだし。

 

街の人達の最低限の犠牲しかないみたいだし。

 

そして、ヤミノテって名前からして日本意識しているみたい。

ちょいちょい武士道の精神とか日本刀とか日本ぽいものがたくさん出てきますが、結構間違ってます。

まぁなんだかんだ日本はアメリカを気にしてるけど、アメリカは気にしてないっていうし。

しょうがないよね。

 

ダニーの周辺の人達は、ほぼみんな病んでるし。

すぐにダニーを殺そうとするぞ。

しかも身勝手な理由で。

 

同じ人を殺すにしても、まだマダム・ガオとかの方がビジネスライクなだけ理解できる。

人を殺すことに共感してるわけじゃないですよ。

 

しかしそんな事は小さい事だ 

 

いろいろ言ったが、この際、そんな事は大して気にならない!

 

「アイアンフィスト」で1番やばいのは主人公のダニー!

 この作品、何よりやばいのは主人公のダニーだ!!!

 

アイアンマンやマイティーソーにキャプテンアメリカなどとにかく沸点が低いヒーローがたくさんいるマーベルだが、こいつダントツで沸点が低い!

 

基本的な行動はすべて小学生レベル!

思ったらすぐ行動って言うか、ほぼ反射。

 

困ってる人がいるからランド社で出す新薬を全部タダとか。

いやランド社にだって真面目に働いてる人いるけどその人たちは犠牲になって良いのか!

 

クンルンを守る戦士だって言ってるのに、自分の過去のためにクンルン捨ててきちゃうし。

おかげでクンルンはヤミノテにやられちゃうぞ!

 

作品の中では純粋!とか言ってるけど純粋とは違う!単なるバカだ!

 

精神不安定

マーベルヒーローは大概、一般人から嫌われたりして攻撃されたりするけどみんなヒーローだから一般人に手は上げない。

 

が、ダニーは違う!

 

一般人が絡んできたら即ボコボコだ!

 

アイアンフィストの力を発揮するには精神の安定が必要だけど、ほとんど発揮できない。 

 

両親の死がトラウマになってたり一瞬しょうがないかって思うが、ヒーローだろ。

そもそもトラウマとかじゃなくてちょっとした事ですぐに精神不安定になる。

なんならその辺の人の方が安定してるぞ。

 

「僕はクンルンで15年間、感情のコントロールの修業をしてきたんだ」ってダニーはほざくが、まったく出来てない。

 

15年間無駄だったよ。

普通に暮らしてた方がコントロール出来てるよ。

 

これが安定してる方ならクンルンの人達はみんな精神的に不安定だとしか思えない。

 

まぁデヴォスとかすぐにメチャ切れするあげくに、嫉妬心でダニー殺そうとして、負けたあげくにヤミノテに取り込まれちゃうからな。

 

こんなやつばかりじゃダニーの方が精神安定してるかも知れない。

 

がダニーよりその辺を歩いている人の方がずっと安定している。

 

低評価なのも納得

ヒーローがちゃんとヒーローしてないし、更に大して成長もしない。

 

普通のドラマは悪役が理不尽なはずなのに、この作品はヒーロー側の方が理不尽。

ヤミノテの方がずっと理路整然としている。

 

そりゃ、批評家が酷評するわけだ。

 

 

なんだかんだ1シーズン観てしまった私もいかれている

ブログ書く時間がない!

 

とか言ってるのに、途中でやめないで1シーズン観てしまった。

 

我ながらイカれてるぜ!

 

シーズン2も決定してるくらいだからデフェンダーズではちゃんとしてくれるのだろうか。

 

正直、ただでさえ少ない睡眠時間削って何で観てしまったんだろうと後悔しかない。

 

時間が余ってしょうがないもしくはどうしても「ディフェンダーズ」を骨の髄まで楽しみたいって人じゃなきゃおススメ出来ないです。 

 

マーベル/アイアン・フィスト シーズン1 Part1 [DVD]

マーベル/アイアン・フィスト シーズン1 Part1 [DVD]

 

 

netflix独占放送の他のレビューはこちら

www.tadano-buta.com

スポンサーリンク