飛ばない豚

主に読書について書いています。

海老名が一望できる弥生神社と龍峰寺

スポンサーリンク

階段から見上げる弥生神社

 

 

中古でミラーレス一眼を買ったので試しついでに海老名散歩

ずっとDMC-XS3ってパナソニックのコンデジを使っていたのですが、最近、調子が悪くて年明け早々、液晶が映らなくなりました。

 

本体が1万5千円くらいだったのに修理が7千円とかで、もう4年前のモデルなのに今更なぁと思ったのでカメラを買う事に。

 

どうせならシャッタースピード優先とか絞り優先とか付いてるのにしようと思ったのでが、高級コンデジはなんかすげー高いし、一眼レフはもう問題外なのでミラーレスを見に電気屋へ。

 

CanonのEOS M10とPanasonicのDMC-GF7が展示品のみで価格.comの最安より安かったので買おうかと思いましたが、使った事ないし良く分からないまま買うなら中古のめっちゃ安い奴でいいやと。

 

上記の2つの半額以下でDMC-GX1が中古で出ていたので買いました!

 

レンズ薄曇りとか書いてあって不安だったのですが、もう自分のレベルでは全然わからないです。

 

本体も綺麗だし、付属品も袋の封が開いてなかったくらいなのですごい良かったです。

 

って事で写真を撮りに行こうと言う事で、海老名へ!

 

海老名村の守り神、弥生神社へ

 

弥生神社へのアクセス

海老名から歩いて20分くらいのところにある神社です。

海老名の東口(小田急の中央改札側)からバスも出ています。

コミュニティバス国分ルートの「国分第一児童公園」もしくは神奈川中央交通の海10「座間駅」行きで「弥生神社前」です。

 

「弥生神社前」は県道沿いにで、歩道無いです。

道路を横断しないと弥生神社に行けないので気を付けて下さい。

交通量も結構おおいです。

弥生神社入口沿いの県道

ネットに親和性が高い

弥生神社

弥生神社 - ホーム | Facebook

弥生神社 (@yayoi_jinja) | Twitter

 

ホームページだけでは無くてFacebookにTwitterのアカウントまであります。

そんなに規模は大きくないのにこれだけ充実しているのは珍しいですよね。

 

 Twitterでたまに御朱印帳作り体験を募集しているので興味がある人はTwitterをチェックして下さい。

 

弥生神社の歴史は案外浅い

弥生神社自体は明治時代に旧海老名村と周辺の氏神様を合祀して出来たので、歴史はそれほどではないです。

氏神様自体は昔からですけど。

 

 

桜並木の沿道 

弥生神社の入り口

行ったのが1月なので咲いていませんが、沿道はずっと桜並木になっています。

海老名でも有名な桜の名所なので春は良いかも知れません。

 

私は花粉症がひどいので春はほとんど外に出ないですけど。

 

境内へ

階段から見上げる弥生神社

奥まで行くと境内に続く階段があります。

結構、急で段数もあります。

 

私のだいぶ重い身体では大変です。

 

実は神社の裏は車が通れる道になっていて駐車場もあるので、足が悪いからはそちらからの方が良いです。

 

狛犬さんアップ

狛犬さん。

キットレンズなので期待してなかったですが、さすがにミラーレス。

ちゃんとボケますね。

 

弥生神社鳥居

正式には「彌生神社」なんですね。 

 

中段からの弥生神社

弥生神社お社

 

境内から海老名を一望

弥生神社境内からの丹沢の山並み

高台にあるだけあって海老名が一望できます。

一つ飛びぬけているビルはリコーのテクノロジーセンターです。

後ろに見える丹沢の山並みがきれいですね。

 

弥生神社境内からの下を望む

境内から階段を。

 

この日は見かけませんでしたが、「社務猫」さんがいるらしいです!

猫好きなので是非一度会いたいです!

 

国指定の重要文化財を持つ龍峰寺

龍峰寺 - Wikipedia

弥生神社のすぐ裏に龍峰寺があります。

こちらはホームページも無いです。

龍峰寺入口

 

龍峰寺の歴史

龍峰寺は室町時代からある由緒あるお寺です。

鎌倉にある建長寺の末寺(本寺の支配下)だそうです。

もとは別の場所でしたが清水寺(せいすいじ)と言うお寺の跡地に移ってきました。

 

清水寺は近所に移っていて、龍峰寺が管理しています。

 

寺の様子

龍峰寺立石

臨済宗建長寺派なんですね。

 

臨済宗と言う事は禅宗なんですね。

 

京極夏彦さんの百鬼夜行シリーズ「鉄鼠の檻」で禅宗は問答に答えられなかったら殺されてもしょうがないような事が書かれていて、なんか住職さんが荒々しかったらどうしようとか思ってドキドキして撮ってきました。 

龍峰寺鐘撞堂

 

龍峰寺参道

お寺の中は色々な木が植えられていました。

時期時期で楽しめそうです。

 

龍峰寺手水舎

手水の鉢に氷が張っていました(1月27日に撮影)。

 

本尊は国の重要指定文化財

龍峰寺本殿

年に2度しか御開帳はしないので、扉は厳重に閉じられいます。

本尊の千手観音像は元々は清水寺のご本尊で「清水寺形千手観音」と呼ばれて京都の清水寺(こちらはきよみずでら)と共通するものだそうです。

 

龍峰寺山雲瑞

まだ雪が残っていました。

こちらは禅寺だけあって、座禅をやってる時があるみたいです。

情報が少なすぎてちょっとはっきりした話は分かりませんが。

 

龍峰寺裏

お寺の裏手も眺めが良さそうです。

座間方面ですね。

 

龍峰寺装飾

装飾が凝っていて素敵です。

露出高すぎなのかレンズの曇りなのかなんか白っぽくなってしまいました。

 

海老名駅への帰り道

海老名駅への帰り道丘の上から

小田急線の車庫に止まっている点検車

海老名駅に帰る途中に小田急の車庫がありました。

 

点検用の車両でしょうか赤い小田急線なんて新鮮です!

 

海老名駅駅前

海老名駅前に着きました。

写真撮りつつで1時間半くらいなので散歩にはちょうど良かったですね。

 

写真は使い方がまだ良く分からなくて、ただただ撮っただけの写真になってしまいました。

 

狛犬のちょっとボケがある写真以外は以前のコンデジで十分な感じ。

 

もっとちゃんと撮れるように精進しないとなぁって感じでした。

 

GX1自体は古い機種なのですが、ヨドバシカメラのレビューを見るとすごく素敵な写真が撮れているので、腕次第ってところでしょうか。

頑張ります。。。

パナソニック LUMIX DMC-GX1 実写レビュー | ヨドバシ.com | ヨドバシカメラの公式通販サイト

 

海老名には国分寺もあります。

www.tadano-buta.com

 

旅と鉄道 2018年増刊8月号 ありがとう 小田急ロマンスカーLSE

旅と鉄道 2018年増刊8月号 ありがとう 小田急ロマンスカーLSE

 

 

スポンサーリンク