飛ばない豚

主に読書について書いています。

はじめての「フロー」入門 石川善樹、西本真寛 スマート新書

スポンサーリンク

仕事力をアップする はじめての「フロー」入門 (スマート新書)

以前に「どうすれば幸せになれるのか科学的に考えてみた」と言う本を読んで面白かったのでkindleで石川善樹さんを検索したらkndle unlimitedにあったので読んでみました。

 

結果、すごい面白かったです。

 

石川善樹さんって

石川善樹さんは予防医学の研究者で医学博士の方です。

 

結構たくさん本を書かれています。

 

技術系のイベントとかでたまに話されていて、面白い話をする方だなぁと思ってはいました。

 

ただ、本は自己啓発な感じのタイトルが多いのでスルーしてたんですけど、いざ「どうすれば幸せになれるのか科学的に考えてみた」を読んだら思いの外、面白くて今回の本にも手を出してしまいました。

 

はじめての「フロー」入門について

今回の本のテーマ自体はタイトル通り「フロー」状態に入るにはどうしたら良いかについて書かれています。

 

正直フローなんて特に入りたいとは思っていなかったので、はじめはサラっと読んでいました。

 

でも随所随所で面白い話があって結局、ノート片手にがっつり読んでしまいました。

 

フローに入るには、強い感情→リラックス→行動って流れが必要だそうですが、強い感情については怒りでも、強い興味でもなんでも強ければ良いそうです。

脳はポジティブかネガティブかは判断してなくて感情の強弱だけしか求めてない。

 

また、感情は12種類(も!)あってどれが良いとかじゃなくてどれも満遍なく味わった方が良いそうです。

比率はポジティブが多い方が良いそうですが、たとへネガティブでも0は良くないらしいですよ。

 

あと「疲労感」と「疲労」は違うとか今まで私が知らなかった話がたくさん出て来ます。

 

語り口が軽妙でするっと読めちゃうんですけど、さらっと役に立つ事がわかりやすく書かれて感心してしまいました。

 

これで参考文献がきっちり提示されてたら文体は読みやすいし、内容も面白くて役に立ちそうだし、そこそこ新しい知見も披露してくれるし、池谷裕二さんと並ぶくらいと評しても良いくらいです。

 

しかも、この本短いので一日かからないで読めちゃいます。

 

久々に学者さん系で面白い著者を見つけたので他の著作も是非、読んでみようと思います。

 

「フロー」に入りたい人問わずおススメです。

 

石川善樹さんの他の本のレビュー

www.tadano-buta.com

 

www.tadano-buta.com

 

 

 

仕事力をアップする はじめての「フロー」入門 (スマート新書)

仕事力をアップする はじめての「フロー」入門 (スマート新書)

 

 こっちも面白いです。

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた

 

スポンサーリンク