飛ばない豚

雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記雑記々々々々々

大学生1年生の君が、はじめてレポートを書くまで。

最近、文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング (NHK出版新書)と言う本を読んでいるのだけどなかなか難しくて、ページ数も少ないし漫画も差し込まれているので息抜きと思って本書を読みました。

 

なんとなく大学生になったような人に、丁寧にそして簡素にレポートを書くまで手順を追って書いてあるのですが、著者の学びに対する真摯な姿勢がすごい良い本でした!

大学時代の自分に読ませてあげたい。そしたらもしかした中退しなくて済んだかも。

 

著者は川崎昌平さん。作家で編集者で非常勤講師と言うなかなか良く分からない人です。聞いた事がなんとなくある本を書いているので、買っても大丈夫かなと思いました。

 

本書は7章で構成されて、

序章 なぜ大学でレポートを書くのか?

 ズバリ本書の目的として

大学生の自発的に学ぶ姿勢を助ける目的のためにつくられた1冊です。

 と語られています。

第1章 学ぶ 課題を自分で見つけるには?

 簡易的なメモの取り方やノートの取り方、テーマ決めやレポートの目的設定などが書かれています。

第2章 調べる 自分の考えの基礎を築くには?

 図書館の使い方や、資料の読みかたについて。

 最近の本らしくちゃんとネットで調べる事に言及しています。

第3章 考える 問題を発見し、発展させるためには?

 自分なりに考えてどうやって深めていくか。

 今まであんまり考えてこなかった、考え馴れしてない人にも段階を踏んで考えが深められるように書かれています。

第4章 書く 自分の考えを正確に伝えるためには?

 レポートの書き方。

 具体的な書き方だけでなく、レポートを書くことをどう学びに生かすのかも書かれていてとっても好感が持てました。

第5章 伝える 問いを深めるコミュニケーションとは?

 レポートをどう人に読んでもらって、反応に対してどうするか。

 こちらもちゃんとネットに言及していて、反応に振り回されないように注意喚起されているのは大事だと思う。最近、それ絡みのニュースが多いですし。

終章 学び続けるために

 学びつづけるためにどうするのか。

となっていて、段階を踏んでレポートを書いてそれを学びに生かすまでが書いてあります。

 

なんとなく大学生になってしまった私みたいな人(今思えば恵まれてたなぁ)とか高校とかであんまり頑張ってなくて基本が出来てない人向けの様で、すごく基本的な事を具体的に書いている。

とにかく優しく書いてあって、丁寧に進めれば出来ない事はないような内容になっています。中学生レベルでも十分読めるくらい。

一見すると学生向けのHOWTOっぽい本に見えますが、著者の姿勢は本当にまっすぐ学ぶって事を考えていて全体的に一貫して学ぶ事の大切さを説いています。

 

ひとつひとつ項目は高校までちゃんと勉強してきた人達には物足りないような内容ですが、そういう人達や大人でも何で学ぶのかを改めて考えるにはいい本じゃないだろうか。

 

本の最後で

間違っても失敗してもいいから、自分で考えて生きてみたほうが、おもしろいんじゃないかな。

と書かれているが、まさにその通り。

同じように生きているように見えて、流れに任せてただ生きているのと自分で考えて生きているので面白さは全くちがうし、ほとんどの事は自分の思った通り行かないが自分で考えて生きていれば、そんな時でもより善く生きて行けるのではないだろうか。

改めて考えさせられた1冊でした。

 

大学1年生の君が、はじめてレポートを書くまで。

大学1年生の君が、はじめてレポートを書くまで。

  • 作者:川崎昌平
  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: 単行本