飛ばない豚

主に読書について書いています。

あなたは忘れられますか?

私には思い出したくない、つらい思い出があります。

すこしも思い出したくないのにたまに、フラッシュバックの様に襲ってきて私を苦しめます。

何年も経って少しづつ思い出す頻度は減りましたが、未だに私を苦しめます。

人は記憶を覚えるのはコントロールできますが、忘れるのはコントロール出来ないんですね。




話は飛びますが、今日、久々に記憶術について書かれているブログを見てふと思い出したのですが、記憶術に場所法と呼ばれる方法があります。

自分の部屋とか通学通勤経路とかで鮮明に覚えている場所にフックと呼ばれるキッカケを紐づけて、物事を記憶する方法です。

ローマ時代からあったらしくて記憶の宮殿なんて名前でも呼ばれています(覚える事が増えたら紐づける場所を増やして最後には宮殿の様に大きくなるから)。

例えば、買い物に行くときに「トイレットペーパー、ジュース、ノート」を覚えようとしたら、

玄関にトイレットペーパーが散らかっていて、出ると今度はジュースがこぼれている、それを母親がノートで吸い取ろうとしてる。

と言う風に自分の知っている場所と関連付けて覚えます。イメージは突拍子も無いものの方が良いです。

ちゃんと使うなら結構、練習をしないと出来ないですが、10個くらい覚えるならちょっと練習したらすぐ出来ます。

これは、人間は良い狩場があるとか、あそこは危ないとか場所に関してはすぐに記憶出来てかつ長期記憶になるので、それを利用する記憶法です。


で、この記憶法は一つの場所に一つの事しか結びつけられないので、同じ場所に新しく別の事を結びつけると前の事は忘れちゃうんですね。




そこでふと思いついたのですが、これって使えるのではないかと。

思い出したくない事を一度、場所法で覚えて、紐づけた場所に別の事を紐づけたらもしかして思い出したくない事を忘れるんじゃないかと!

失敗するとずっとその場所に思い出したくない事が紐づいてしまうので、まだ試してませんが覚悟が出来たら試してみます。

自分の中では結構、画期的じゃないかななんて思ってます。

スポンサーリンク