飛ばない豚

主に読書について書いています。

ケチャップライスとパルディオ312S

スポンサーリンク

特別お題「おもいでのケータイ」

おもいでのケータイと言えば、パルディオの312Sである。

当時はまだ、PHSが主流。

私は大学生で人生初めてのケータイだった。


あまり成績もよろしくなくて、奨学金などもらえなかったのに、無理をして理系の大学に行ったため、あまり親に頼れず非常に貧乏だった。

住んでいた部屋は築60年とかのボロアパートでトイレ付き風呂なしで2万9千円だったと思う。

思いのほか高いのは駅まで10分かからない立地と部屋が4畳半と3畳のふた間だったからだろう。


食事は毎日、実家から送られてくる米を2合炊いて、近所の畑で廃棄予定の人参をもらい、それをみじん切りしてご飯とケッチャプで混ぜたケッチャプライスだった。

見知らぬ土地で、1人ボロアパートの一室で毎日ケッチャプライスを食べながら、親元を離れた自分の判断に後悔したり、寂しさに泣きそうになったり。


そんな時にたまに小学生からの友達と312Sから送るメールのやり取りや、こまめにかかってくる親からの「風邪ひいてないか?」「米を送った」などの連絡がものすごくありがたかった。




気づけば、友達は結婚して家庭を築き連絡は年に1度か2度になってしまい、そのうち私も結婚して家庭を持つようになった。


今だに親からは「風邪ひいてないか?」だの「米を送った」だのなんだかんだこまめに連絡が来る。

面倒くさいと思いつつも、やっぱりありがたい。



私も子供に同じようにしてあげられるだろうか?


ふと、そんな事を思いました。

sponsored by KDDI

スポンサーリンク