飛ばない豚

主に読書について書いています。

おすすめの記憶術!歳が気になる人、ど忘れ激しい人向け。

スポンサーリンク

f:id:osarugageorge:20170304000738j:plain

「あれ?いま何をしようとしてたっけ?」

「昨日のあの人の名前はなんだっけ?」

など最近、ど忘れしちゃったり、新しいもの事が覚えられないなどありませんか?

私はもう中年まっただ中なので結構ありました。

 

歳かなと思って、若干、あきらめかけていたのですがちょっとしたコツを覚えたら大分改善したので、今回はそれを紹介したいと思います。

歳を取っても記憶力は落ちない?

実は歳を取っても、記憶力は落ちる事は無いそうです。

 

歳を取ると記憶出来ない感じがするのは、記憶力が落ちたわけではなく身体が負担を減らそうとして、必要性を感じた事しか覚えないようにするために記憶力が落ちたように感じるんですね。

 

忘れたり思い出せなくなったりするわけではなくて、最初から覚えないようにしてるんです。

 

そこで覚えやすくするコツ

記憶には3種類あって「エピソード記憶」(ゴロ合わせとか)、「意味記憶」(受験の頃とか良くやる意味を理解しながら用語を覚えるなどですね)、「手続き記憶」(自転車の乗りかたとか身体で覚えるやつです)があります。

 

「意味記憶」が歳をとるとどんどん苦手になる記憶です。

なので、歳をとってからは本を読んで理解しながら覚えるのは大変です。

 

「手続き記憶」は歳を取っても衰えません。ひたすら繰り返す以外に方法がないため、あんまり年齢差がありません。

 

「エピソード記憶」これが歳を取っても使える記憶です。

学生の頃も「泣くよ(794年)ウグイス平安京」などやりませんでしたか?

 

ただ、普段からよっぽどダジャレとか言ってるタイプの人じゃないと、ゴロ合わせなかなかすぐに思いつかないですよね。

 

しかし、ある実験では例えば「ヤマモト」さんを覚える時、名前だけ覚えた人と、営業部の「ヤマモト」さんと覚えた人なら、営業部の「ヤマモト」さんと覚えた人の方が忘れる人が少なかったそうです。

 

つまり、少しでも興味や、すでに長期記憶に以降している記憶と結びつけば覚えやすいという事です。

 

家を出る時に鍵を閉めたか、すぐ忘れる人は「カギしめた!」など声を出したり、誰かに渡し物がある時は、「3階の〇〇さん」に渡し物など要素を追加してあげると忘れづらくなります。

 

まとめ

どうでしたか?ちょっとした事で今すぐ、すごく物忘れが改善しますよ。

 

私は人を覚えるのがすごく苦手でしたが、場所や印象的な話と結びつける事で、かなり忘れなくなりました。

 

特別な技術もいらないので、誰でもすぐ実行できます。

 

ぜひ、試してください!

 

※2017年4月20日追記

少し練習は必要ですが場所法と呼ばれる自分が知っている場所と覚えたい事を結びつけて覚えるエピソード記憶の方法もあります。

 

人間は場所に関しては覚えるコストが低いのでエピソードと相まって強力です!

 

スポンサーリンク