飛ばない豚

主に読書について書いています。

ブラックバスについてと言うか外来魚問題について

スポンサーリンク

河口湖の話でブラックバスの話しましたが、外来魚問題では思うところがあるのでちょっと書こうかと思います。

私の一番の趣味は幼少期から釣りです!

川釣りから海釣り、エサも毛バリも、ルアーの色々やります。

長年、釣りをしている身からしたら今更感満載ですが最近、外来魚問題でブラックバスが大きく取り上げられていますね。

ニュースとかでもすごく叩かれています。

でも、この問題はすごく複雑だと思うのであんまり短時間の特集でやってほしくないです。

それこそ専門家呼んでニッポンのジレンマあたりとかで話してくれた方がまだまし。

とりあえず主張として

自然に任せましょう!

人間の手で始めた事ですが、人間ごときがどうにか出来る話ではありません。

釣り師として

世代的にブラックバスフィッシングが流行りど真ん中なので哀しいかぎりです。



ちょっと話外れますが釣った後の処理って皆さんどうしているのでしょうか?

リリースするのはもちろん違反ですが、その場に捨てるのもあれ違反なんですよ。

さらに生きたまま持ち運ぶのも違反なので、正しく処理しようとしたら締めて、持ち帰って捨てるしかないです。

そこまで求めます?

お前らが広めたからお前がやれって事なのかなぁ。

閑話休題

釣り師の間ではエサ釣り師とルアー釣り師で昔から対立があって、ヘラ釣りとか鮎釣りしてる人からしたら排除したいのだと思います。

川は漁協があって入料券と言って釣り師からお金とってなりたってる組織が全国にありますが、ブラックバスは漁の対象魚ではないのでお金取れたり取れなかったりします。

なので、エサ釣り師と漁協は「生態系を崩すから、排除賛成!」ってところがほとんどです。


うん!

お前ら頭おかしいのか!って言うか自分の都合なだけじゃねーか!

漁協はお金にならないから、エサ釣り師はルアー釣り師が邪魔だからですよね。

生態系の事考えたら、ヘラブナだってそもそも突然変異種を養殖して全国にばらまいてるんです。

元々は琵琶湖固有種です。

ほかの魚を食べたりはしませんが、他の魚の餌を食べて他の魚を排除します。

しかも、フナなので水をすごく汚します!なのに自分たちは汚染に強いので、そこにいる固有種は排除されます。

あげくに琵琶湖にいる固有種は全滅寸前。

何がやりたいんだこの人たち!

それを養殖してどんどん放流してるんですよ!

これが生態系破壊じゃないならなんですかね!

鮎だって、もう川の汚染と釣り人が取り過ぎて、養殖したものしかいないのが現実です。

あとマス釣りも人気ありますし、養殖してる湖もいっぱいありますけどニジマスとかブラウントラウトとか外来種ですし、食性はブラックバスより悪食で獰猛です。

水がきれいなところしか生息出来ないから広まってないだけで、生態系破壊って意味では十分脅威なのにお金になるからなんか扱い良いですよね。

入植してワカサギが全滅してるところもありますし。

もうとっくに自然なんて破壊されまくってます。

それなのに「生態系破壊」なんてちゃんちゃらおかしい!



一方、ルアー釣り師!

まぁ今時、中年もいっぱいいますが若者もすごく多いです。

とにかくマナーが悪い!

ダメになった糸は捨てて帰る!

騒ぐ!

エサ釣りのそばにルアーも投げるし!

本当に迷惑です。

挙句にブラックバスやブルーギルなんかを自分の家の近くの野池とかに勝手に放流しちゃう!

ふざけんなよ!

イギリスでは釣りは最高の趣味で一生楽しめるものとされているんです!

それだけ楽しいものなのにマナー守らない人たちのせいで、釣り禁止の場所が海も川も増えています。

ちゃんとしている人たちが大半なのにほんの一握りのバカのせいでみんなが迷惑!



で、どうするのか

漁協は排除するにはお金がかかります。お金にならないから排除したいのにお金がかかるなんて本末転倒です。

普通に漁対象魚になるようにして、ルアー釣り師からお金取ればいいんじゃないでしょうか。


エサ釣りは、自分達だって生態系破壊してんだから大きな顔すんな!

マナーが悪いルアー釣り師にちゃんと注意するのは必要ですが、自分たちが正義みたいな態度とるのはやめるべき!

ごみとか問題ならエサ釣り師もマナー悪い人がいるからそっちの方が生態系破壊なんだわ!


ルアー釣り師はマナー守れや!

最近、地元のルアー釣り師で集まって、マナー悪い人を見かけたら注意喚起するようにはしてますが、普通に暴力に訴えて来て警察沙汰にもなっているので限界も感じてます。

もう、決まった場所以外ではルアー釣り禁止にするしかないじゃないかなぁって思う今日この頃です。

富士五湖とか芦ノ湖とかゲームフィッシングを観光資源としてうまくやっているところもあるので、そういうところ限定にすれば今よりマシになる気がします。


私はヘラ釣りがいちばん歴が長くて、エサもルアーもどっちも良くやります。

釣り師としては外来種どうこうでは無くてマナーが悪いのがいちばん問題だと思うのです。

そもそも全国に広がっちゃったのもマナーの問題ですし。

魚類ファンとして

釣りは生物学的な事とかほぼほぼ関係ない単なる利害関係問題なのでちょっと離れます。

私は熱帯魚とかも好きで、一時期、学者じゃないので論文発表とかはしませんが学会に賛助してたりしてました。

ので、ちょっとそっち側から。

生態系について

間違いなく影響を与えています。海外でも在来種が駆逐されて全滅している品種も出ていると報告がありますし、日本でも同様な話を聞きます。

一方、無知なのか何なのか、湖とかの生き物を食べつくすとか言う人がいますが、そんな事は無いです。

食べ過ぎて他の個体数が減れば、ブラックバスもエサが足りなくなるため個体数が減るので、基本的には一定の割合以上になる事はありません。

そもそも、もう日本に来て80年以上、全国に広まってからも40年位は経っているので生態系として安定しています。

なので強烈に排除しようとするのはナンセンスだと思います。

一気にブラックバスが減る事で生態系がまた別の形で壊れる可能性もありますし。

どうしたらいいと思っているのか

手放しになにもしなくていいとは思ってませんが、ここまで広まってしまうと単純に外来種に絞って排除するのは無理です。

個人的には、そもそも爆発的に増えたのは水質汚染が原因で在来種が生息できる範囲が狭くなったのも一因じゃないかと思っているので、外来魚排除では無くて水質保全に力を向けた方が良いんじゃないでしょうか?

在来種の肉食系はブラックバスやブルーギルに負けない位、獰猛な種が多くてしかもブラックバスより成長が早いので在来種がちゃんと生息できる環境が出来れば外来種はもっと減ると思います。

後はこれ以上広まらないように違法な放流は厳しく取り締まるべきかと。

今は、違法に放流しようとしてるのを発見したら注意されるくらいみたいです。

一時期、大型港湾の進入禁止地域で釣りしてたら問答無用で逮捕、送検してましたが、同じくらい厳しい対応すれば良いと思います。

法的にはすでに整備が進んでいるのだからあとはどう運用していくかですよね。

もうタンポポと同じで完全に排除するのは人間の力じゃ無理なので、個体に狙いを定めて排除はナンセンスだと思うのでそこは自然に任せれば良いと思います。

人間ごときがどうにかしようと個別対応するとまた、別の問題が出てきたりして対応出来ないのは歴史がものがたっています。

自然を人為的にコントロールしようとするのはナンセンスだと思います。

生きている以上無理(自然に優しいと人は暮らしにくいので)ですけど、与える影響を最低限にしようとする努力の方が大事だと思います。

スポンサーリンク