飛ばない豚

主に読書について書いています。

精神的続編映画「10 クローバーフィールド・レーン」

スポンサーリンク

10 クローバーフィールド・レーン [Blu-ray]

 

クローバーフィールドである。

CMはパニック映画な感じだったけど、実は怪獣映画でした。

って事で「アイ・アム・レジェンド」と並ぶCM詐欺映画だ。

 

でも、どっちも面白かった!

 

そして、「10 クローバーフィールド・レーン」は「クローバーフィールド HAKAISHA」の続編である。

 

怪獣映画として期待して観てたら

前作ががっつり怪獣映画で面白かったので、期待してたら、もうずっと密室サスペンスである。

 

密室サスペンスにありがちな展開なのだが、ありがちであるだけに安定して観れる。

つい、そのまま観てしまう。

 

登場人物は向こうの映画にありがちな、尋常じゃないくらい余計な事をする問題がある人ばかりってわけでもない。

 

途中では微笑ましく見れるところも結構ある。

 

って怪獣全然出てこないじゃん!

うん。普通に観ちゃいますが全然怪獣出てきません。

 

怪獣のカの字も無いです。

 

マジでこれクローバーフィールドの続編なのでしょうか?

 

どんどん、不安になってきます。

 

一応、最後の方で

最後、20分くらいで急展開、怪獣って言うか宇宙生命っぽいの出てきます。

 

まぁクリーチャーなんて散々ネタ出尽くしてるからそんな衝撃は無いです。

 

前回の怪獣のなんとも言えない気持ち悪さもありません。

 

でも、まぁハラハラさせられるのでそこそこ楽しく観れます。

 

これはマジでクローバーフィールドの続編なのか?

うん。なんの続編観てるのかわからなくなってきました。

 

絵作りも話の作りもなんかクローバーフィールドとは違います。

 

でも、別の映画と思えばあんまり気にせず見れます。

 

気になってWikipediaで調べたら「精神的続編」との情報が!

 

なるほど!・・・ってそんなになるほどとも思いませんが。

 

事前の期待のを裏切る!のわりにそれなりに観れる!って展開ではたしかに同じだ!

 

そういう事で続編だったのか!

 

と、納得した事にします。

 

繰り返しになりますが、まぁ楽しく観れますよ。

 

 

10 クローバーフィールド・レーン [Blu-ray]

10 クローバーフィールド・レーン [Blu-ray]

 

スポンサーリンク